スポンサーサイト

  • 2010.05.28 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


昇進レースで、早稲田の人間が日大OBに負けた理由(Business Media 誠)

 この時事日想で「“偏差値神話”は本当なのか 日大が早稲田をアゴで使うとき」(4月16日)というコラムを書いたところ、その感想や意見をインターネット上で見かけた。私はそれらに目を通し、驚いた。

 おそらく20代の読者と思われるが、 “偏差値神話”に極端なほどの影響を受けていたからだ。会社の昇進レースが、大学受験偏差値ランキングのようになっていると思い込んでいる人もいた。つまり、入学難易度の高い大学の卒業生が無条件で出世すると考えているのだ。

 さらに、この人たちは会社の人事制度や賃金制度のカラクリを怖いくらいに知らない。一方で、20代でもそのあたりを実に冷静に見抜く賢い人がいることも思い知った。

 そこで今回は、ある出版社の昇進競争でなぜ日大OBが早稲田OBを打ち負かしたのかをもう一度、取り上げようと思う。会社の中で上に上がる人には必ず理由があり、その逆も同じくである。そのカラクリの洞察こそ、大切だ。

●日大出身者をバカにする理由

 ある日、私が早稲田OBの副編集長に、著名なコンサルタントを著者にして本を作らないかと話した。

 すると、彼はこう答えた。

 「このコンサルは、京都大学の教育を出ているんだな。まあ、こういう人が会社員に向けてキャリア形成をテーマに書くことは意味があるね。だけど日大OBは、キャリアなんて作れないよ(笑)。彼らは会社を転々とすることが、キャリア形成と思い込んでいるから(笑)」

 日大のことはこの前に一切出ていない。ところが、彼は日大の話を脈絡もなく持ち出し、バカにする。その後も「日大しか……」「日大じゃあ……」と口にした。

 この副編集長はいま、“日大コンプレックス”に陥っているといっていいだろう。20年ほど前に早稲田大学を卒業し、出版社に入社した。売り上げや利益では、業界で10位以内に入る名門である。当時は大学生の間でマスコミ業界は人気があり、この出版社の内定を得るための倍率は、少なくとも数百倍だった。彼は期待されて入社したが、さえない編集者のままだった。

 そして今年の人事異動で、2歳年下で日大OBの副編集長が編集長に昇進した。つまり昇進レースで、日大が早稲田を打ち負かしたのである。

 早稲田OBの副編集長はこの会社の人事の慣例からいって、昇進はもう難しい。数年以内に窓際の部署に追い出されるだろう。そこで「編集局付」という、偉いのか偉くないのか分からない肩書を与えられ、“飼い殺し”になる可能性が高い。そして、定年を迎える。

 ここに、早稲田OBの副編集長が日大出身者をバカにする理由がある。同じ会社にいて、いまや上司である日大OBの編集長(元副編集長)をさすがに批判はできない。となると、その不満のはけ口としては、冒頭で述べたようにまったく無関係の日大出身者がターゲットになる。そして「日大しか……」「日大じゃあ……」と繰り返す。

●かくして早稲田OBの副編集長は負けた

 なぜ、早稲田OBの副編集長は負けたのだろう。そのあたりをほかの出版社に移った元部下や、この会社に出入りしているライターやデザイナー、印刷会社の営業マンなど8人にここ半年間でヒアリングをした。それを以下にまとめてみる。

<早稲田OBの副編集長が日大OBの副編集長に負けた理由>
(1)会社員としての自覚に乏しい
(2)会社や職場のカラクリを心得ていない
(3)管理職のミッションを分かっていない
(4)仕事をしていくうえでの視野が狭く、関係者への配慮に欠ける

 ここまで悪条件が並ぶと、むしろ「よく副編集長になれたな」と私は思う。では、1〜4までを詳しく見ていこう。

 1と2は重なるものがあるが、要は会社員としての自覚、つまり、組織の一員としての意識が希薄なのだ。例えば、副編集長は上司(編集長)への報告・連絡・相談をあまりしない。これでは何をしているのかすら分からないのだから、上の人は評価できない。会社員は「評価に納得がいく」とか「いかない」という以前に、もっと自分を上司に理解させるという工夫をするべきである。

 成果主義が浸透しようと、人事考課全体のうち業績で判断されるのは50〜60%。残りは、協調性や積極性など行動評価である。上司に報告・連絡・相談をしない部下は、この行動評価は間違いなく低い。

 行動評価が低い分を業績評価で挽回できればいいのだが、それほど甘くはない。書籍編集者に求められる業績は、その期間でどれだけ本を出して何冊売ったかということ。読者の中には、「1人でもがんばれば結果が出る」と思うかもしれない。だが、それも甘すぎる。そもそも、上司はこの副編集長を好ましくは思っていないので、あえて「汚れ役」の仕事をさせていた。

 つまり、ほかの編集者が行き詰まった本を担当させたのだ。行き詰まるということは内容的にも予算的にも問題が多く、こういう本は出版されてもなかなか売れない。よくて売れて1万部と言われている。上司は副編集長がうまくいかないようなワナを仕掛けていたのだ。

 ここは、大きなポイントである。上司は、部下が苦手とする仕事をさせたり、精神的に滅入る仕事を担当させることで潰すことがある。早稲田OBの副編集長はこの理不尽さを心得えていたと思うが、会社員である以上、上司の指示を拒むことはできない。

 副編集長の元部下で、現在、T出版社の編集者はこう証言する。「編集長から、あの人は嫌われていた。野球で言うと、敗戦処理のピッチャーのような仕事をあてがわれていた」。敗戦処理の仕事をこなしても、高い実績は残せないだろう。

●現実から逃げている早稲田OB

 次に3であるが、管理職のミッションは部署の業績を上げることに尽きる。部下の育成も大切であるが、最優先は業績を上げることだ。それを踏まえると。副編集長はたとえ嫌いであっても、編集長とタイアップして15人ほどの編集者を束ねて実績を出すしかない。ところが、編集長から邪険に扱われていることを恨み、協力しない。こうなると、また上司を怒らせる。編集長から低い評価を受けるのは、当然だろう。

 4について言えば、副編集長は本の著者には気を使うものの、それ以外、例えばライターやデザイナー、印刷会社には気を配れないようだ。ビジネス書の9割はゴーストライターが書いていると言われている。それならば、そのライターたちにもある程度の敬意を払わないといけない。

 ところが、この副編集長と仕事をした5人のライターに確認したところ、いずれも「お金の支払いがルーズ」「要領を得ていない」とブーイングのオンパレードだった。ほかのデザイナーや印刷会社からも「仕切れていない」「誠意がない」と似たような不満が出てくる。だから、こういうスタッフが逃げていく。副編集長はまた、新たなスタッフを見つけ出さないといけない。これでは、本を作るのに時間もコストもかかる。上司からは、永遠に信用されないだろう。

 しかし、本人は相変わらず「日大しか……」などと脈絡のない言い逃れをしている。そして、自分の能力は実は低いという現実から逃げている。かくして、早稲田OBは日大OBにあごで使われる日々になったのだ。【吉田典史】

【関連記事】
“偏差値神話”は本当なのか 日大が早稲田をアゴで使うとき
なぜ30代前半になると、“ゆきづまって”くるのだろうか
30代で「オレ様は仕事ができる」と、勘違いしている人へ

新党改革、鳩山邦夫氏の長男を擁立へ(産経新聞)
緊急無線、特殊気象で無関係の電車も止める(読売新聞)
<参院選>政権窮地、浮き彫りに 普天間問題など批判厳しく(毎日新聞)
松本大洋氏作品をiPad配信=小学館(時事通信)
皇太子さま、「みどりの愛護」のつどいに(時事通信)

「歩みがのろいな」憲法審査会問題で鳩山首相(読売新聞)

 鳩山首相は14日、衆参両院の憲法審査会が活動を始める環境が整っていない問題で、「憲法に関する歩みがのろいな、という思いは感じている」との認識を示した。首相官邸で記者団に語った。

首相動静(5月13日)(時事通信)
男性2人刺され死亡=現場マンションの男を聴取―大阪府警(時事通信)
実弟に成り済ました男逮捕 郵便局から融資金詐取 (産経新聞)
温暖化解決の根拠のはずが…揺らぐIPCCレポートの信用性(産経新聞)
自殺図り?重体の中1女子が死亡 東京・狛江 (産経新聞)

<雑記帳>サクランボ 母の日を前に出荷に追われる 秋田(毎日新聞)

 サクランボ産地の秋田県湯沢市三関地区で、4戸の果樹農家がプレゼント用に高級品種「佐藤錦」などの鉢植えを栽培。赤い実をつけ、9日の母の日を前に出荷に追われている。

 ビニールハウス内で接ぎ木から育て、人工授粉させて実らせた。今年は天候不順で実の数は少なめだが、2鉢の花を互いに授粉させれば翌年も実がつくという。

 きっかけはグループ代表の藤山政弘さん(55)が母に贈って喜ばれたこと。800円からで、観賞はもちろん食べてもおいしい。母への感謝をかわいらしい姿と甘酸っぱい味に託しては? 藤山さん(090・3368・1465)。【佐藤正伸】

【関連ニュース】
勝喜梅:高級梅干しと花をセットに “娘目線”の母の日限定商品を発売
母の日:「お母さんに花を」 百貨店などの生花コーナー、子どもたち品定め /三重
トルコギキョウ:もうすぐ母の日 出荷始まる−−串本 /和歌山
カーネーションフェア:母の日前に即売−−道の駅「村田」 /宮城
梅酒:東久留米産の梅100%使用 来月1日発売 /東京

NTT労組側、民主議員らに「脱法献金」 9400万円で無償ビラ購入(産経新聞)
ポニーの馬車でコトコト 板橋区で親子連れ満喫(産経新聞)
鳩山首相、15日沖縄再訪延期(時事通信)
奄美群島首長も出席へ=徳之島3町長と鳩山首相の会談に(時事通信)
<桑原武夫学芸賞>坪内稔典さんに決まる(毎日新聞)

<後半国会>国会改革…道路…郵政、重要法案足踏み 政権求心力低下で(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長が今国会での成立に強くこだわる国会改革法案をはじめとして、政府・与党の重要法案が足踏みを続けている。政権の求心力が急速に低下し「5月政変」がささやかれるなか、10年度予算の前年度内成立など順調だった前半国会から様相は一変。国会も波乱含みの展開となってきた。【大場伸也】

 国会法改正案など国会改革関連法案は、副大臣・政務官増員と官僚答弁禁止などを盛り込む議員立法。国会の制度や運営にかかわるため、慣例として横路孝弘衆院議長の諮問機関「議会制度協議会」による超党派の合意が必要になる。しかし、野党側は鳩山由紀夫首相や小沢氏の「政治とカネ」問題の解明が先として協議会開催に応じず、提出もできない状況が続いている。

 小沢氏は山岡賢次国対委員長に、与党単独での協議会開催や提出も検討するよう指示したが、横路氏は慎重な姿勢で、社民党も「強行すべきではない」という立場だ。

 道路財政特措法改正案でも、小沢氏の意向で関係する新料金制度の見直しを余儀なくされた。国民新党も「料金について事前に説明も通知もなかったのは遺憾だ」と反発。野党の反対以前に政権内部の混乱が影響している。

 郵政改革法案も政府・与党の調整が難航した結果、国会提出が4月末以降にずれ込む見通しだ。今国会での成立を最重要課題に掲げる国民新党は危機感を強めており「5月政変に備え、その前に法案を成立させなければ」(幹部)という声も出ている。

 20日、国会内であった与党3党の国対委員長会談では、国会改革法案や郵政法案などの会期内成立を改めて確認した。山岡氏は記者団に、会期内成立の公算を問われ「そのつもりで進める」と厳しい表情で語った。

【関連ニュース】
後半国会:政権求心力低下で重要法案足踏み
郵政改革:課題山積、見切り発車 法案の骨子発表
郵政改革:法案骨子発表 ゆうちょ銀行などの業務拡大容認
郵政改革:政府出資2分の1以下なら第三者委を廃止
自民党:郵政事業PT座長に林芳正氏 離党の園田氏の後任

追跡中のパトカーが衝突事故=タクシーの2人軽傷−埼玉(時事通信)
<全国学力テスト>抽出方式への変更も参加率は7割超(毎日新聞)
航空機テロ防止 ボディースキャナー専門家委が初会合(産経新聞)
<臨時交付金>電線地中化などは1割 大半が従来型事業に(毎日新聞)
亡き息子に捧ぐ4首 JR脱線事故遺族 歌集を自費出版(産経新聞)

<あま市長選>旧甚目寺町長の村上氏が無投票で初当選 愛知(毎日新聞)

 あま市長(愛知県)旧七宝町、旧美和町、旧甚目寺町の合併に伴う。旧甚目寺町長の村上浩司氏(47)=無新=が無投票で初当選。

堺1歳死亡 同居男「何度も暴力」 3病院、児相へ通告せず(産経新聞)
<火山噴火>欧州ツアーのキャンセル続出…代理店対応苦慮(毎日新聞)
日欧線は210便欠航=火山灰で−国交省(時事通信)
副長官の電話「地元を愚弄」=自民幹事長(時事通信)
エア・カナダ機、成田に2度緊急着陸(読売新聞)

関大 「堺キャンパス」開校(産経新聞)

 関西大学の「堺キャンパス」が堺市堺区香ケ丘町に開校し、16日、記念式典と新築校舎建築の地鎮祭が行われた。新キャンパスには、スポーツや福祉をテーマに人間の健康について研究する人間健康学部を設置。すでに、5日から約360人の学生が通学している。

 新キャンパスは、今年3月に閉校した堺市立商業高校の跡地に開校。既存の施設を活用した上で、新たに、食堂や図書館を含む延べ約4千平方メートルの3階建て校舎を建てる。

 人間健康学部には、生涯スポーツの指導者育成を目指す「スポーツと健康コース」などがあり、人間が健康で長生きするための研究を行う。地元自治体との連携も積極的に実施される計画で、小中学校への大学教員の派遣や、市民向けの公開講座の開催などが予定されている。

 記念式典と地鎮祭には、楠見晴重学長らが出席し開校を祝った。

<伝統薬>都内にショップ 薬事法改正で老舗結束(毎日新聞)
自動車整備工場でガス爆発=従業員3人搬送−新潟(時事通信)
「缶詰料理」ひと工夫で“料亭の味”(産経新聞)
子ども手当、来年度から満額を 民主党分科会が素案(産経新聞)
ライター規制で子供対策=5月中にも安全基準策定−不便さ、敬遠の懸念も・経産省(時事通信)

首相、寄付税制のマニフェスト盛り込みに前向き(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は8日夜、特定非営利活動法人(NPO法人)への寄付を促進するための寄付税制の拡充について「マニフェスト(政権公約)で大きなテーマに仕立て上げてもらいたい」と語り、今夏の参院選での民主党マニフェストに盛り込む意向を示した。首相は「新しい公共」の概念に基づく寄付税制の拡充について「日本の皆さんの大変重要な生きざまの部分だ。官を、公を開く意味で大変重要な考え方だ」と強調した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

【関連記事】
NPO寄付税制見直し案、税額控除など柱 税調PT
首相「未熟ゆえに問題点。辛抱強くご指導を」
鳩山首相、政権半年「自分の意思、強く示したい」
鳩山政権と討議・対話 献金は法改正を注視
政府税調が3PT設置 納税者番号制も議論
「中国内陸部の資源事情とは…?」

女性の全身に打撲痕…名古屋・集団暴行死(読売新聞)
桜 造幣局の「通り抜け」始まる 見物客1500人 大阪(毎日新聞)
無資格で債務整理、大阪の司法書士法人を告発(読売新聞)
会合出席者などにもさまざまな思い 名張毒ぶどう酒事件(産経新聞)
JR不採用問題が決着=4党解決策受け入れ−政府と組合側(時事通信)

フリー記者参加ブロックする 記者クラブ幹事社という存在(J-CASTニュース)

 各省庁でフリーライターらへの会見開放度を総務省が発表した。しかし、記者クラブによって対応に違いがあると、開放度の分類に不満が上がっている。クラブの幹事をしているマスコミが、なかなか会見での質問などを了解しないというのだ。

 各省庁の記者会見について、総務省は、フリーライターらへの開放度を調査し、A〜Dまでの4段階に分けた。それを、原口一博総務相が2010年3月30日、閣議後会見で発表した。

■総務省の開放度分け、実態を反映せず

 ところが、この段階分けが、ライターらから不評を買っている。4月2日の会見では、ライターの畠山理仁さんが、ライターやネットメディアが参加も質問もできるA段階でも、記者クラブ側の了解を得るのが難しい場合があると訴えたのだ。

 総務省の調査によると、A段階が14府省庁。同省を始め、鳩山由紀夫首相が会見を開放したばかりの内閣官房、亀井静香郵政・金融担当相がフリー向けの別の会見を設定している金融庁などが含まれている。B段階は、ライターらが参加できるが質問できないもので、厚労省など4府省庁ある。さらに、日本新聞協会、日本民間放送連盟に加盟している社は参加も質問もできるのがCで国家公安委員会など3府省庁、記者クラブのみなのがDで宮内庁など3府省庁だ。

 省庁の会見は、記者クラブ主催になっているケースが多く、畠山さんによると、A段階といってもクラブによって様々なケースがある。その中には、参加基準がある程度はっきりした総務省などのほか、基準がはっきりしていない省庁もある。クラブでは、月ごとなどに会見を仕切る幹事社が選ばれており、その場合、幹事社の恣意的な判断による場合が多いというのだ。

■ライター「厳密に分けて下さい」

 原口総務相も、記者会見の開放度を4段階にくくったものの、2010年4月2日の会見で、「Aについても、かなり違いがあります」と認めた。そのうえで、フリーライターらの参加や質問を了解したクラブについては、「(行政への)公正なアクセスに協力していただき、御礼申し上げます」と述べた。

 一方で、原口総務相は、3月30日の会見では、畠山理仁さんからの質問に、こう答えている。

  「AというからAが一番いいとか、ABCDに価値はないのですよ」「A級ライセンスと言うと、さもいいみたいですけれど、まだ単にABCDを付けただけです」

調査は、あくまでも客観的に区分けして現状報告しただけで、総務省が独立した他省庁に口出しするようなものではないと言いたいようだ。

 とはいえ、その「客観的な区分け」そのものに、疑問の声が出ているのだ。4月2日の会見に出席したフリーライターの小川裕夫さんは、こう言う。

  「幹事社の了解がなかなか得られないというのは、『参加できない』というのと同じではないですか。CやDの段階がそういうくくりなので、『そっちなんじゃないの』ということです。そういう意味で、確かにAが一番いいとかではありませんね。BよりAの方が開放度が高いところもありますが、玉石混淆ということです。大臣には、AからDまで厳密に分けて下さいと言いたいですよ」


■関連記事
「記者クラブはつぶしたほうがいい」 ネット中継討論会もりあがる : 2010/03/01
東京地検の記者会見 なぜ記者クラブ以外は入れない : 2010/02/02
ネット「締め出し」首相会見 民主党と記者クラブに批判噴出 : 2009/09/17
エッグを探せ! 東京ディズニーランドで「ディズニー・イースターワンダーランド」で満喫しよう! : 2010/04/02
先輩たちへお願い「新人に偉そうにしないでください」 : 2010/04/02

山崎さんシャトル、最終準備=「思う存分楽しんで」−今夜打ち上げ(時事通信)
首相動静(4月6日)(時事通信)
動物葬祭業者を逮捕=元町議、犬死骸を不法投棄−「火葬料金浮かせたかった」・埼玉(時事通信)
子ども手当、厚労省HPに「一問一答」(読売新聞)
<検察審査会>PRのDVD制作 最高裁(毎日新聞)

相模原が政令市に=全国19番目、「戦後生まれ」では初(時事通信)

 神奈川県の相模原市は1日、全国で19番目の政令指定都市に移行した。政令市の誕生は2009年4月の岡山市以来。相模原市の市制施行は1954年で、戦後に新しくできた市としては初の移行となる。
 政令市は、市立小中学校教職員の任免や指定区間外国道および県道の管理など、都道府県に準ずる権限を持つ。相模原市では1日、新たな行政単位として三つの区が設けられ、区役所がオープンする。 

混合診療全面解禁「慎重な議論が必要」−長妻厚労相(医療介護CBニュース)
受けて立つ!清水女流2冠が将棋ソフトと対戦(スポーツ報知)
ネット競売でブランド物出品、落札者宅から盗む(読売新聞)
薬のネット販売禁止、無効請求を却下…東京地裁(読売新聞)
<東京地裁>仮処分申請を却下…会見出席拒否は裁量内 (毎日新聞)

<郵政改革>菅氏と亀井氏、テレビ番組で口論(毎日新聞)

 閣内対立が生じている郵政改革案を巡り、菅直人副総理兼財務相と亀井静香金融・郵政担当相(国民新党代表)が28日の民放番組で言い争う一幕があった。昨年12月の基本政策閣僚委員会での衝突に続く再戦だ。それも今回は野党党首らの目の前で、少数政党に振り回される鳩山政権の弱点をさらけ出した。

 口論のきっかけは、亀井氏が「鳩山由紀夫首相の了承を得た」と言い、首相は「了解していない」と語ったゆうちょ銀行の預け入れ限度額を2000万円に引き上げる話。

 亀井氏が「首相からは全然(苦情の)電話がない。菅さんにも全部申し上げた」と発言すると、菅氏は「首相が言うことが首相の認識」と反論し、「私は数字は聞いてません」とかみついた。これに亀井氏は「申し上げたじゃないか」「あなたの耳が悪いんだよ」とむきになった。

 野党側は「論評しようがない」(谷垣禎一・自民党総裁)、「国家運営の体をなしていない」(渡辺喜美・みんなの党代表)とあきれ顔だった。【坂口裕彦】

【関連ニュース】
郵政改革法案:亀井担当相「株式公開時期は明示しない」
郵政改革案:30日に閣僚懇談会で最終案 鳩山首相が表明
鳩山首相:「郵政」閣僚懇での協議を指示
郵政改革:閣内対立激化 鳩・菅・仙VS社・国の構図に
亀井担当相:郵政改革案「首相が了承したから発表した」

皇后さま、旭出学園工芸展をご鑑賞 日本橋三越本店(産経新聞)
阿久根市長、同じ職員を2年連続さらに降格(読売新聞)
密約文書破棄で第三者委員会設置 岡田外相が表明(産経新聞)
ホタルイカシーズン到来=富山湾産、やや安値−築地市場(時事通信)
政府案、月内策定を約束=普天間移設問題−鳩山首相(時事通信)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
リンク
宝塚記念
主婦 融資
ショッピング枠現金化
クレジットカード現金化 還元率
債務整理 無料相談
主婦 借り入れ
主婦 キャッシング
ライブチャット
レンタルサーバー 比較
selected entries
archives
recent comment
  • 昇進レースで、早稲田の人間が日大OBに負けた理由(Business Media 誠)
    AtoZ (08/27)
  • 昇進レースで、早稲田の人間が日大OBに負けた理由(Business Media 誠)
    粒あん (04/21)
  • 昇進レースで、早稲田の人間が日大OBに負けた理由(Business Media 誠)
    桃医 (01/10)
  • 昇進レースで、早稲田の人間が日大OBに負けた理由(Business Media 誠)
    リョータ (12/27)
  • 昇進レースで、早稲田の人間が日大OBに負けた理由(Business Media 誠)
    まろまゆ (12/23)
  • 昇進レースで、早稲田の人間が日大OBに負けた理由(Business Media 誠)
    ゴンボ (12/18)
  • 昇進レースで、早稲田の人間が日大OBに負けた理由(Business Media 誠)
    ちんたまん (12/05)
  • 昇進レースで、早稲田の人間が日大OBに負けた理由(Business Media 誠)
    さもはん (11/27)
  • 昇進レースで、早稲田の人間が日大OBに負けた理由(Business Media 誠)
    しゅうじん (11/21)
  • 昇進レースで、早稲田の人間が日大OBに負けた理由(Business Media 誠)
    ゆきぴこ (11/13)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM